秋田県ジオパーク連絡協議会 担当者会議を実施!

皆さんこんにちは!

曲がったことが大嫌い、どうもkumiです。

さて、2月15日(木)に秋田市拠点センターアルベで秋田県ジオパーク連絡協議会 担当者会議を実施しました!

P1220741

この担当者会議は、県内4つのジオパーク(八峰白神、男鹿半島・大潟、ゆざわ、鳥海山・飛島)と秋田県(地域の元気創造課)が3か月に1度集まり、協議会の事業内容の精査や情報交換を行っているものです。

今回は、総会の内容や来年度事業計画、その他、各ジオパークの報告などを行いました~)^o^(

県内のジオパーク活動を知る事ができるとっても貴重な会議なんです!

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!(^^)!

Category : お知らせ

ゆざわジオパーク研究成果発表会に行ってきました!

皆さんこんにちは!

連日のオリンピックの良い結果を聞いてテンションが青天井のkumiです。

引き続き頑張れ!ニッポン!

さて、2月14日にゆざわロイヤルホテルで開催された「ゆざわジオパーク研究成果発表会」に参加してきました。P1220733

 

午前中は、「ゆざわジオパーク学習発表会」ということで、小中学生の発表がありましたが、私は午後からの成果発表会からの参加です。

この発表会は、平成28年度にゆざわジオパークで実施した研究助成事業の成果を発表する場でした。最大30万円の助成で、4件の採択があったそうです。

発表内容は、

1.山形大学名誉教授 山野井 徹氏「湯沢の土 ~とくに黒土と縄文文化~」

2.九州大学大学院 池田 杏香氏「熱水による岩石の変質過程解析」

3.東北大学総合学術博物館 高嶋 礼詩氏「アパタイト微量元素組成を用いた火砕流堆積物」

4.産業技術総合研究所 鹿野 和彦氏①「蓮台寺のカオリンに富む礫質堆積物」

②川原毛地獄の爆裂火口と噴出物」

P1220735P1220734

で、ゆざわジオパークについてとっても勉強になりました!(^^)!

研究助成事業は、該当ジオパークの研究成果蓄積となり、ジオパークの質の向上を図れるものだと再認識しました~)^o^(

ご案内いただいたゆざわジオパークの皆さん、ありがとうございました!

 

Category : お知らせ

大復活したシジュウカラガン ようこそ大潟村へ

こんにちは!!

ようこそ大潟村へカムチャッカ半島から大地の地へ

シジュウカラガンがやってやってきました。

絶滅したと思われていたシジュウカラガンが復活するまでの

お話を今日は書きます。

20世紀初頭、世界的な毛皮ブームによりシジュウカラガンの

繁殖地の島にキツネが放されました。

1938年千島列島やアリューシャン列島からシジュウカラガンが

姿を消し、日本への渡来も途絶えたそうです。

1962年奇跡が起こりました。

アリューシャンでアメリカの研究者がシジュウカラガンの小群を発見。

アメリカ政府は羽数回復チームを作り成果を上げたそうです。

1972年から73年伊豆沼でも3羽のシジュウカラガンが

発見されました。

日本の空にもう一度シジュウカラガンの群れを呼び戻そう!

初代 日本の雁を保護する会会長 横田義雄 さんが立ち上がりました。

1982年八木山動物公園にシジュウカラガン繁殖施設が出来ました。

2年後、初めてにヒナが誕生し野生復帰事業が始まったようです。

1995年~2010年

シジュウカラガンの親鳥を八木山からカムチャッカに送りました。

そこで生まれた若鳥をヘリコプターでェカルマ島に運び放鳥しました。

2007年

放鳥したシジュウカラガンが家族を連れて渡ってきました。

長い長い道のりをえて現在は飛来数3,000羽を超えて

絶滅から復活への道が歩み始めました。

 

このお話は

日本雁を保護する会会長 呉地正行 さんの

公益信託「サントリー世界愛鳥基金(2017年度)」の助成金で

作成した「シジュウカラガン復活」~絶滅したと思われていた

シジュウカラガンが復活するまでの物語~

から掲載しております。

 

 

 

 

IMG_0088 20080221 シジュウカラガン

 

 

 

 

 

 

 

黒い頭と首に白い頬と首輪が目立つとても印象的なシジュウカラガン

です。野鳥に関心の薄い私でもなんだか野鳥観察会に

参加してみたい気分になりました。

 

3月4日は日本雁を保護する会 会長の呉地さんが講師として

大潟村に来てくださいます。

是非、大復活したシジュウカラガンを見にきてください。

 

 

SASAKIでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : お知らせ

書道塾作品展のお知らせ

こんにちは!!

一段と寒くなりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

本日は、第9回書道塾作品展のお知らせです。

期日は2月23日(金)~25日(土)まで

干拓博物館で開催します。

大潟村芸術文化協会、加盟団体「墨心会」の皆さんの

作品が展示されます。

 

書道作品展N0140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間は午前10時から午後4時までです。

2月いっぱい干拓博物館は入館無料ですので

是非ごらんください。

 

 

SASAKIでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : お知らせ

ジオパーク学習センターで火成岩のスイーツ作りはいかが!!

男鹿市ジオパーク学習センターのジオ太郎です。先日、自宅の水道管がこの寒さで破裂してしまいました。(-_-;)

さて、気を取り直して(^^♪・・と。

ジオパーク学習センターでは、このほど楽しいスイーツ作りで火山岩・深成岩の鉱物組成の違いを学ぶ体験学習教材を作成しましたので紹介しましょう!!IMG_6415 「甘い香りが・・」マグマ溜まり中に結晶ができてきました。噴火するとどうなるでしょう?IMG_6424 「おいしそう!!」地表付近でマグマが急冷されて斑状組織(火山岩)になります。IMG_6427 「こっちもおいしそう!!」地下深部でゆっくり冷えると等粒状組織(深成岩)になります。IMG_6445 「それでは、みんなで火成岩のスイーツパーティーをしましょう!!」とっても楽しい体験学習でしょ。皆さんも作ってみませんか!!

IMG_5428 男鹿半島で見られる縞石(しまいし)のスイーツ作りもできますよ。この縞々模様がどのようにしてできるのか楽しく体験学習ができます。

ジオパーク学習センターでは、深成岩(等粒状組織)と火山岩(斑状組織)の違いについて偏光顕微鏡などでも観察できます。

Category : お知らせ

男鹿半島・大潟ジオパークガイドの会 公開講座を実施!

一句詠みます!

「雪ってさ     魔物になるし     人も呼ぶ」

ジレンマですね~・・・・・・・・・・・・どうもkumiです。

さて、2月4日(日)に「男鹿半島・大潟ジオパークガイドの会 公開講座」が開催されました!

P1220708

この公開講座は、これまでガイドの会の皆さんが月に1度研修会を実施してきましたが「地域の人からも参加してもらい、もっとジオパークを広めたい」という思いから、一般の方々のご参加も可能にして、研修会を発展させて開催したものです!

今回の講座では約40名のご参加者があり、一般の方からも10名以上のご参加をいただきました!本当にありがとうございます。

P1220707

講話は、いつも当ジオパークがお世話になっている渡部 晟先生(秋田地学教育学会)より、「貝殻化石に残された生存競争の痕跡!」という演題でお話しいただきました)^o^(

P1220710

男鹿半島・大潟ジオパーク内にある貝の化石には、大きく2種類あり、1つが「穴の空いた貝殻化石」、そしてもう1つが「不思議な壊れ方をした貝殻化石」があり、その痕跡を観察すると、貝がどのような生存競争を経て生きてきたのかが分かるというお話でした!

ガイドする際に役に立ち、そして初めてジオパークに触れる方でも楽しいお話でした。実際に現地で貝殻の化石を見たくなりますね~!(^^)!

今年度2回実施した公開講座は、今回が最後となりますが、来年度以降も継続的に実施していく予定ですので、興味のある方は是非ご参加ください!

近くなったらまたHPなどで周知しますので)^o^(

ご講話いただいた渡部先生、ご準備いただいた男鹿半島・大潟ジオパークガイドの会の皆様、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!(^^)!

Category : お知らせ

【残りわずか!】男鹿半島・大潟ジオパークトレイル募集中!

みなさんこんにちは!

水道の凍結で悩んでいましたが、ついにお金の力に頼ってしまいました(‘_’)

凍結の修理&凍結防止装置をつけてもう安心!

快適な毎日を送り少しテンションが高い、どうもkumiです。

 

さて、イベント情報で紹介してましたクラブツーリズムが主催する「男鹿半島・大潟ジオパークトレイル」ですが、おかげさまで多くのお客様からお申込みいただき、空きが残りわずかとなっています)^o^(

_IGP0495

3月28日から30日までの3日間で、男鹿半島・大潟ジオパークの見どころを余すことなく満喫いただく行程となっております!

【詳細はこちら】 ⇒ 男鹿半島・大潟ジオパークトレイル

過去7,000万年前から現在までの大地の歴史が今なお残る男鹿半島と大潟村に少しでも興味のある方!男鹿半島・大潟ジオパーク認定ガイドが分かりやすく魅力をお伝えします!

お早めにお申込みください!(^^)!

※コースは、ハイキング初級となっておりますので、歩く行程が含まれます。

Category : お知らせ

咲いてきましたよ~チューリップが

こんにちは!!

外はとても寒いのに、チューリップが少しづつ

咲き初めてきました。

うれしいですね。

チューリップまつりまで、残すところ後3日になりました。

店頭にも並び始めましたよ。

 

チューリップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時期は、玄関などに飾るとチューリップがとても長く飾る事ができます。

3月3日、ひな祭りも間近ですので是非お店をのぞいてみてください。

博物館、隣接産直センター潟の店で購入できます。

 

 

SASAKIでした。

 

Category : お知らせ

ヒシクイとオオヒシクイの違い

みなさん、こんにちは!大潟村Zekkyです♪

昨今の大潟村では、亜種ヒシクイやハクガン、シジュウカラガンと

稀少な野鳥が次々と飛来し羽を休めています。村内では、

普通に生活していてもこれらを見かけることが多くなりました。

ところで、皆様、(亜種)ヒシクイとオオヒシクイの違いをご存じでしょうか。

DSCN0145

写真は、   (亜種)ヒシクイ ← → オオヒシクイ です。

違いとして、体躯の大小然りなのですが、それこそ個体差もあるワケで。。。

私なんぞはクチバシ形状が一番の違いと思うのですが。それもこれも、

両者、種ごとに陸住み・湿地住みと生態がまるで違うのです。

このように似た種が生活区域の重複を避け、争いや競争を回避することを

『生態隔離』というそうです。

問い合わせがあったもので、ご紹介してみた次第でございます。

 

 

Category : お知らせ

雨天時や冬季はジオパーク学習センターで楽しく学ぼう!!

男鹿市ジオパーク学習センターのジオ太郎です。(^^♪

みなさんは、学校教育生涯学習で「ジオサイトへ観察に行く計画だったのに雨天で困った」という経験はありませんか?

ジオパーク学習センターでは、人気ジオサイト・安田海岸や寒風山などに雨天などで行くことができない場合でも、館内でバーチャル体験学習ができます。IMG_6418 ▲安田海岸の露頭で見られるいくつかの火山灰に実際に触れながら観察することができます。この写真で指で触れている火山灰は北海道・洞爺の広域火山灰です。驚きですね。IMG_6419 ▲安田海岸で見つかる複数の化石を観察し当時の環境を考えます。IMG_6337 ▲縞模様の地層から水の働きをヒントに当時の環境を考えてみましょう。IMG_6420 ▲砂と泥の層の違いを指で触れて考えてみましょう。IMG_6417 ▲男鹿半島の岩石を使って堆積岩の種類火成岩についても観察してみましょう。指で触れたりルーペで観察するとわかりやすいよ。IMG_5927 ▲男鹿半島の寒風山にある「鬼の隠れ里」(スパイン)はどのようにしてできたのか噴火実験を通してその様子を観察しましょう。そのほかにも様々な噴火のしかたを実験から観察します。IMG_6415 ▲これは火山岩と深成岩のでき方の違いを観察する甘い香りが広がるスイーツ噴火実験。火山岩の斑状組織がどのようにしてできたのかを観察します。合わせて深成岩の等粒状組織の様子も見てみましょう。

雨天時や冬季は暖かいジオパーク学習センターでじっくり地球の大地について学習してみませんか。学校教育向けに楽しく学べる体験学習が多数あります。生涯学習向けには貝殻を使ったビーズストラップ作りなどもできますよ!!団体の場合はご予約くださいね。

 

 

Category : お知らせ
1 / 69123...102030...最後 »