まるごとたいけん!あきたのジオパーク

こんにちは!!

まるごと体験!

県内の4つのジオパーク(男鹿半島・大潟、八峰白神、湯沢、鳥海・飛島)

が能代に大集合します。

ジオパークの世界を能代文化会館で体験しよう

って事で

8月18日(金)能代市文化会館中ホールで開催します。

友達と一緒に!

親子で一緒に!

様々な体験をとおして、あきたのジオパークに親しみましょう。

 

表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ストーンアート作り

・葉っぱ化石発見

・ジオキャラ作り

・ジオパーク体験

・ジオカフェ

・まっ黒くろすけを作ろう

・化石を探そう

・ジオパークパネル展など楽しい活動がいっぱいです。

 

 

 

裏表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの自由研究もこれでバッチリかもね

 

皆さんのご参加をお待ちしております。

 

 

じゃまたね。

 

SASAKIでした。

 

 

Category : お知らせ

ビオトープ観察会終了!!

こんにちは!!

「西5丁目ビオトープ・水辺の生きもの観察会」終了しました。

暑かった!!最高に暑かった!!

あまりの暑さに外での採集は1時間に切り上げる事にしました。

3家族と小人数の観察会となりましたが

参加者が少ない分、講師の先生方や大潟の自然を愛する会の

皆さんからたくさん教えていただきました。

まずははじめの会です。

講師の先生の紹介や大潟の自然を愛する会の紹介

そして今日の観察会の目的を話してもらいました。

何に驚いているかといえば

 

はじめの会

 

講師の佐藤福男先生持参の魚採り網の長さに驚きました。

聞けば自作の網だとか!!

素晴らしい

いざ出陣

いざ出陣

 

 

 

 

虫取り網、飼育ケース、虫かご持参でビオトープまで歩きました。

歩いたのは、ほんの数分なのに汗だくになってしまった子どもたちですが

なんのその

 

 

 

 

ざりがにとり

 

最後はザリガニを素手で捕る子ども出るほど、楽しめたようです。

 

採集した虫や魚は講師の先生から名前や生態を教えていただき

虫博士に変身した子どもたちです。

 

何がとれたか確認

 

 

 

 

捕まえた魚たちは、博物館の「干拓地の生きもの展」に展示されるので

ブログごらんの皆さんも水槽をごらんください。

 

館内水槽

 

熱心に水槽をのぞく子どもたちです。

佐藤福男先生が丁寧に説明したくれました。

 

先生の説明

熱心に先生の話聞き入る子どもたちです。

メダカ、ヤゴ、オオミズスマシ、ザリガニ

まだまだ捕まえましたが、ブログ主は捕まえた生きものの

名前を教えてもらったのに、覚えられずごめんなさい。

最後は参加した皆さんと講師の先生たちと記念写真です。

 

記念撮影

 

 

今回の観察会を通して、

自分たちのすんでる大潟村の生きものに興味を持ち

この自然環境を大切にしてくれる子どもが増える事を

願っています。

 

 

それじゃ、またね

 

SASAKIでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : お知らせ

男鹿半島・大潟ジオパークのフレーム切手販売中!

みなさんこんにちわ~Kumiです!

8月1日から男鹿半島・大潟ジオパークのフレーム切手が販売されました!

P1200538

このフレーム切手は、郵便局が日本ジオパーク全国大会男鹿半島・大潟大会の機運の盛り上げや、切手からジオパークの魅力を発信したいという思いから作成されたものです。

切手のイラストは、当ジオパークの地形や文化、歴史など10のスポットを郵便局長が描きおろしました。

【主催・問合】

金川郵便局(0185-24-3086)

払戸郵便局(0185-46-3010)

 

このフレーム切手、お見かけになった際には是非ともお手にとってみてください!(^^)!

Category : お知らせ

第6回東北ジオパークフォーラムin栗駒山麓

こんにちわ~^^ Kumiです♩

台風が徐々に東北地方にも近づいてきています~。

 

さて、8月4日、5日に栗駒山麓ジオパークで行われた【第6回東北ジオパークフォーラムin栗駒山麓】に行ってきました^^

 

P1200403kk

男鹿半島・大潟ジオパークからバスで約3時間…。

(5時半集合だったため、バスの中は爆睡)

開会式終了後、各分科会に分かれ、ジオツアーへ出発!!

C360_2017-08-08-15-27-43-643[1]

 

私は教育分科会だったので、子供たちを対象としたガイド、実験を通して、防災の知識などを勉強してきました。

栗駒市は平成20年に最大震度6強の【岩手・宮城内陸地震】に見舞われており、

 

その際に、栗駒山周辺をはじめとした山体崩壊や土砂崩れ、河道閉塞が多く、今でもその爪痕が残っていました。

C360_2017-08-08-15-28-40-044[1]

次の日はグループに分かれ、

「ジオパーク学習での『伝える』工夫について考えよう」をテーマに、

先日のガイドの良かったところ、改善すべきところ、子供たちに伝えるときの課題点などを各グループごとにまとめて、発表しました。

P1200513

 

閉会式では、男鹿半島・大潟のガイド、事務局がステージに登壇し10月全国大会のPRをしてきました~!

フォーラム中にたくさんの方から、『全国大会、楽しみにしているから!がんばって!』と応援の言葉を頂き、ますますやる気がわいてきました!(^^)!

IMG_20170805_173900_688[1]

 

栗駒山麓ジオパークの皆さん、2日間ありがとうございました(^o^)

次は私たちが全国大会でお待ちしております!

Category : お知らせ

エクスカーションリハーサルの続き!!

こんにちは!!

 

全国大会リハーサルも気になりますが

参加状況も気になります。

それはさておいて、寒風山展望台での下見です。

 

展望台

 

 

 

 

 

今日で3回目の展望台の下見です。

2グループに分かれての説明はガイドの立位置が気になります。

北側と南側が最良なのか、一回り13分で説明が出来るのか等

説明担当者だけでなく参加者全員で話しあいました。

 

 

 

次は、大潟富士です。

 

 

大潟富士

 

 

 

 

 

この山の山頂は、ちょうど海面の高さと一緒で

富士山の標高のちょうど1000分の1です。

 

ジオストリーにするとどんな内容になるのか

楽しみです。

まだまだ、十分ではないので

次回もエクスカーションのリハーサルを予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

Category : お知らせ

エクスカーション第1回リハーサル実施しました

こんにちは!!

暑くなりましたね

リハーサルやってみました。

ボランティア全員で当日の流れを把握し

共通理解を図ることを目的に実施しました。

まずは、国指定大潟草原鳥獣保護区

観察舎まえの看板の前で・・・・

説明内容の確認です。

 

 

 

 

 

DSCN9731

 

そして

聞こえてくる鳥のさえずりに耳を傾け

野鳥の説明です。どんな野鳥が見られるのでしょうか。

当日のアイテムは双眼鏡です。

 

 

 

野鳥観察舎2

 

 

 

 

 

野鳥の動きが早すぎ見えない!!という人もおりました。

初めての人には使い方も指導する必要がありますね。

と全員で確認しあい

次は、経緯度交会点

北緯40度と東経140度がちょうど交わります。

日本の陸地では10度単位に交わる地点はここ大潟村だけです。

 

 

 

 

経緯度公会

 

 

 

 

 

 

 

干拓したからこそ踏みしめられる、日本の陸地

唯一の10度単位の交差点です。

 

 

DSCN9750

 

 

 

 

 

この内容をジオストリーにするとどんな内容に

なるのか楽しみです。

 

全国大会のツアー申し込み状況がとても気になる

SASAKIでした。

じゃ、またね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category : お知らせ

「夏休みの自由研究」はジオパーク学習センターでヒントを!!

男鹿市ジオパーク学習センターのジオ太郎です。(^^♪

今週のジオパーク学習センターのニュースは「夏休みの自由研究」の紹介をしましょう。

ジオパーク学習センターには夏休みの自由研究のテーマやヒントを求めて子どもたちが連日来館しています。そこで学習センターの様々な体験学習から自由研究のヒントをみつけてはいかがでしょう。

IMG_5422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲これは男鹿半島で見つかるしましま模様縞石(流紋岩)を再現したおいしいスイーツを作っているところです。甘~い香りがしてきます。

IMG_5182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ペットボトルを細工して地震発生時の津波の様子を再現しています。波浪と津波の違いを観察してみましょう。

IMG_5609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲モンシロチョウは紫外線が見えます。紫外線で見ると植物がどう見えるのか観察してみましょう。

IMG_5774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽のエネルギーを利用したソーラー発電。ミニソーラー発電を作ってその原理を考えてみるのも楽しいよ。

IMG_5209

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホバークラフトを作ってその原理を考えてみよう。思ったより速く走るよ。

このほかにもジオパーク学習センターにはいろいろな体験学習があります。

今年の夏の自由研究ジオパーク学習センターでテーマやヒントを探してはいかが!!。

 

 

 

Category : お知らせ

男鹿東中学校2年生 インターンシップ

みなさんこんにちわ~kumiです♩

 

今日は男鹿東中学校2年生の生徒がインターンシップに来てくれました~!

今日はジオ班の業務のお手伝いをしてくれます!

aa

 

午前は男鹿市湯ノ尻漁港で石拾いです!

遊んでるわけじゃないんですよ~!ちゃんとイベントで使うんですよ(^^)/

なんのイベントかって??詳しくはこちら⇒8月18日(金)

 

jj

午後からはジオパークの缶バッチを大量生産!!

これも、飛鳥Ⅱ、男鹿日本海花火、まるごと体験!あきたのジオパークで使うんです!!

8月はイベントがたくさんあり、生産が追い付かないでいたので、

とても助かりました~(>_<)

 

男鹿東中学校2年生のお二方、暑い中お疲れ様でした!

残りの夏休み、enjoyしてください!

我々はお二人が作った缶バッチ・拾った石を片手にイベント業務、頑張ります!!

 

Category : お知らせ

早朝!!みんなで鵜ノ崎海岸クリーンアップをしてきました!

みなさんこんにちわ~(^o^)丿 Kumiです

今日から8月です!!!

今週は秋田市で竿灯祭りがあります\(^o^)/

光の稲穂が夏の夜空を彩ります

竿灯祭りは平成29年8月3日(木)~8月6日(日)の4日間で行われます。

詳しくは【秋田竿灯まつり】で検索を

 

さて、夏は鵜ノ崎海岸にたくさんの観光客・遊泳客が訪れます。

10月には全国大会もあるので、今年はたくさんの人が鵜ノ崎海岸にやってくるんです!

せっかく遠くから来てくれた皆さんに少しでも綺麗な海岸で遊んでほしい!

10月の全国大会で訪れた皆さんに綺麗な鵜ノ崎海岸を見てほしい!という願いも込め、

【鵜ノ崎海岸クリーンアップ】を実施しました~~~!

鵜ノ崎海岸清掃2017.8 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男鹿市職員、建設業協会、シルバー人材センター会員、女川部落会、台島部落会、ジオガイド、総勢250名で鵜ノ崎海岸を清掃しました。

鵜ノ崎海岸清掃2017.8 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供たちも朝早くからクリーンアップに参加してくれました(*^_^*)

そう、朝早くにクリーンアップしたんです。

朝の5:30から・・・。

でも皆さんに数ある海水浴場の中から男鹿半島を選んでもらうためなら

早起きなんて、なんのその!!!

睡魔になんか負けてられない!!!

 

って参加者の方たちは思っているに違いない(-_-)zzz

 

地域の皆さんの協力のもと、鵜ノ崎海岸はとても綺麗になりました~!

 

鵜ノ崎海岸は男鹿半島・大潟ジオパークの人気ジオサイトにもなっていますので、10月の全国大会へ向け、これからもこまめに清掃活動をしていきたいです。

綺麗になった鵜ノ崎海岸に遊びに来てください~~!!!

 

 

※海で遊ぶときの注意点

◆泳ぎが得意でも油断しない。

◆体調が悪い時は泳がない

◆大人が子供から目を離さない。

◆遊泳禁止の場所で泳がない。←これ一番大事!

遊泳禁止ってことは波が強かったり、急に深くなったり、とても危険だから遊泳禁止になっているんですからね!

泳いじゃ絶対ダメですよ!

皆さん、ルールを守り、注意点を把握し、安全に楽しく海で遊びましょう\(^o^)/

 

Category : お知らせ

「ジオパーク登録・大潟村の生きもの展」紹介!!

 

こんにちは!!

今日は大潟村で開催しています
「ジオパーク登録地・大潟村の生きもの展2017」の紹介をします。

ジャジャ~ン

看板

企画展示室がすぐわかるようになってます。

多様な生きものが生息し、豊かな自然環境を有する干拓地大潟村

まずは鳥類です。

鳥

 

 

干拓地に鳥類が棲息するのは、餌の確保、繁殖、休憩、避難などが

大きな目的です。

水との関わりが非常に多いのが八郎潟干拓地の鳥の特徴です。

野鳥のはく製とパネルも展示してあります。

はく製を作るのにあたって、生きた状態で捕まえ殺してはく製に

したのではなく、あくまで死んだ状態のを傷む前に見つけた場合

素早く冷凍保存し、その後はく製にしたものです。

 

大潟村は鳥の楽園と言われるほど鳥類を中心にたくさんの

生き物がいる村です。

そのお陰で、死んだ個体も比較的多く見つかります。

当館では、主に生きものの調査・保護活動をされているような方に見つけて

もらい収集しています。

 

大潟のほ乳類のコーナーです。

 

 

DSCN9710

 

 

八郎潟干拓地には、当初ほ乳類はほとんどいませんでした。

最初のほ乳類はネズミ対策のためのイタチです。

このイタチは、遠く鹿児島からおよそ100頭移入されたそうです。

現在は、正確に調査は行われておりませんが、目撃情報から

タヌキ、キツネ、アナグマ、ウサギ、モグラ、コウモリ

リス等と考えられています。

他の地域と比べ、生息するほ乳類の種類が少ないのが特徴ですね。

 

鳥類は、干拓前から水鳥を中心に多数見られましたが、陸地になった

ことで、シギやチドリ類が休憩やエサの確保のため訪れるように

なりました。干拓前には見られなかったチュウシャクシギ、

ツルシギ、タゲリ等約20種も増加したと報告されています。

 

 

 

 

チュウヒ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和48年干拓地内のヨシ原で、当時「幻の鳥」と言われた

オオセッカの生息が確認されました。

干拓後に植えられた防風林が成長し、立派な林になったことにより

松林にゴイサギやシラサギ類がコロニーをつくるようになりました。
ヘビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼは、両生類のカエルにとっても格好の住みかです。

特にアマガエルは数も多く、生体になると草の上で活動し、田んぼでイネの

害虫をたくさん食べてくれます。

周辺の環境に合わせて体色が

変わるのも大きな特徴です。トノサマガエルも数多く

田んぼに水が入ると繁殖が始まります。

アマガエルとは異なり、一生水の中で暮らします。

 

これらカエルの天敵が、サギ類やイタチのほか、は中類ではヘビです。

ヤマカガシは田んぼの周りに多く、カエルを捕まえます。

 

こちらは、子どもたち参加のコーナーです。

ぬりえをしたり折り紙で遊んだりできます。

 

できた作品はこのコーナーに展示できます。

 

 

 

 

 

子どもこーなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなコーナーになるのかとても楽しみですね。

 

 

 

 

無視

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大潟村博物館の人間と生きもの共生をご覧ください。

 

今日は長くなってしまいました。

じゃ、またね

 

SASAKIでした。

 

 

 

 

 

Category : お知らせ
9 / 24« 先頭...8910...20...最後 »