先週は能代市から小学校6年生のみなさんが理科の学習で来館しました。

先週は、浅内小学校6年生のみなさんが、理科「土地のつくりと変化」の学習で来館しました。その様子を一部ご紹介します。IMG_2743 ▲「岩石標本観察」の体験学習で、堆積岩の違いを様々な方法で話し合いながら観察シートに記入していきます。IMG_2749 ▲当日はジオパーク学習センターでの学習後、安田海岸での現地観察に行く予定でしたが、荒天で現地観察ができなくなったことからジオパーク学習センターで安田海岸のバーチャル学習をしました。泥層、砂層、火山灰層、貝化石層、亜炭層、傾斜不整合、断層などについて学びました。この写真では子どもたちが安田海岸の砂浜で見られる黒い層の正体について磁石を使って考えているところです。

IMG_2746 ▲安田海岸で見られる広域火山灰を顕微鏡で観察しています。どうしてこのように見えるのか、解説しました。併せて火山活動と防災についてもみんなで考えました。IMG_2750 ▲最後に幾つかの火山噴火実験をしました。溶岩の粘りの違いと山のできかたを考えたり、火砕流を観察して防災についてみんなで話し合ったりしました。

ジオパーク学習センターでは、学習センターで学習後、安田海岸の地層観察が荒天で行けない場合、センター内でバーチャル学習ができます。センター内での体験学習教材もさらに充実しましたのでご利用ください。団体の場合は、ご予約ください。

 

Category : お知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です