物語のネタの宝庫!おいでよジオパーク

みなさんこんにちは~ たかみーです(・ω・)ノ

 

みなさん本を読むのは好きですか?わたしは大好きです(ˆωˆ)!

つい最近も、本屋大賞1位になった辻村深月さんの「かがみの孤城」を読みました!

すごーく厚い本なんですけど2日で読み終わっちゃいました!おもしろかったー!

同じ辻村さんの作品で「島はぼくらと」という小説があるんですが、

こちらは火山の噴火でできた離島で暮らす高校生の男女4人のお話です。

こちらもとってもおもしろいです(ˆωˆ) なんてったって火山の島のお話ですし。

 

ところで、

世界ジオパークの糸魚川ジオパークがある新潟県糸魚川市主催で、

このたび新たな文学賞が創設されました!

 

「翡翠文学賞」です!

 

ヒスイって読みます。

勾玉なんかに使われてる、みどり色のきれいな石です。

糸魚川市はヒスイの産地として知られ、

奴奈川姫(ぬながわひめ)など歴史的な伝説の残る街です。

奴奈川姫は古事記や出雲国風土記などに出てくる人物で、

ヒスイの勾玉つくりを掌握し、越の国の一部(現在の糸魚川市周辺)を治めていたとされています。

糸魚川市では、「翡翠」、「奴奈川姫」の両方、または一方をテーマとした小説を募集しています!

詳しくはこちら → 翡翠文学賞

 

 

男鹿半島・大潟ジオパークにも伝説たくさんありますよね(・ω・)

能登山の椿とか、じゃがいもが縞石になったお話とか、

なまはげとか、舞台島とか、鬼の作った999の石段とか、硯石とか、鬼の隠れ里とか。

ジオパークは地質や地形だけじゃなく、その土地の歴史、文化、伝統や産業も対象です。

地層や海岸に転がっているのは岩石や化石だけじゃありません!

物語のネタがごろごろ転がってる宝の山かもしれません(ˆωˆ)

ぜひぜひ魅力的な伝説いっぱいの男鹿半島・大潟ジオパークにお越しください!

 

今回のブログの内容とはまったく関係ありませんが・・・

写真は男鹿市北浦のぶるーべりーガーデンのブルーベリーラッシーとプリンです。

このあとでソフトクリームも食べました(ˆωˆ) おいしかったです!

IMG_5909

 

Category : お知らせ

物語のネタの宝庫!おいでよジオパーク」への2件のフィードバック

相場博 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です