• 名称 男鹿水族館GAO
    一言説明 男鹿と秋田の海物語
    キーワード 自然体験
    指定・登録 男鹿国定公園
    保全法令等 自然公園法

    男鹿水族館GAOは秋田県唯一の水族館で、通年展示されている男鹿市の魚「ハタハタ」や男鹿半島沿岸に生息する魚を知ることができます。
    水量815トンの男鹿の海大水槽では、40種2千匹の魚がダイナミックに泳ぎ回ります。ホッキョクグマ「豪太」や「クルミ」をはじめペンギン、アザラシも人気です。景色のよいレストランのみの利用もできます。

    利用時間 9:00~17:00(最終入館16:30)(11〜2月は16:00閉館)
    入館料 一般1,100円/小中学生400円(団体割引あり)
    お問合せ 0185-32-2221
    所在地 秋田県男鹿市戸賀塩浜
  • 名称 男鹿水族館前の海岸
    一言説明 水族館前に広がるマグマの通り道
    キーワード 地質自然探求
    指定・登録 男鹿国定公園
    保全法令等 自然公園法

    GAOの前の海岸に広がる平らなあずき色の岩は、約3,000万年前に火山から流れ出た溶岩です。その間には灰色の岩石が高くそびえていますが、これは岩脈といい、地下深くのマグマが岩石の割れ目に入り込み、その中で冷えて固まったものです。
    またここでは昭和58(1983)年の日本海中部地震で発生した津波によって尊い命が失われました(スイス人女性の慰霊碑)。