ジオパーク学習センター・2月の来館団体を紹介します

男鹿市ジオパーク学習センターのジオ太郎です。(^^♪ だいぶ暖かくなってきましたね。

今回は、2月にジオパーク学習センターに来館した主な団体を紹介します。

2月20日に来館したのは関東圏から訪れた歴史博物館の学芸員の皆さんです。ジオパーク学習センターの手作り教材を参考にして同じような教材を作り、地域の教育普及活動に活用したいという目的で訪れました。IMG_7780 ▲お金をさほど賭けなくてもアイデア次第で来館者が理解しやすい教材がいろいろと作れます。ジオパーク学習センターの教材作りやその活用のしかたをヒントに、それぞれの地域に合ったジオパークを題材にした教材づくりが広がれば幸いです。

2月28日に来館されたのは、グループホームの高齢者の皆さんです。平均年齢が90歳以上の方々です。当日は、高齢者の皆さんに対応した学習プログラムを用意し、館内見学だけでなく、男鹿半島・大潟ジオパークの短編映画鑑賞や男鹿半島に残る昔話の紙芝居、防災関連の体験学習、男鹿半島の春の美しい花々の解説、そして最後に童謡をみんなで元気に歌いました。皆さん、とっても学習意欲が旺盛で驚きました。IMG_7798 ▲ジオパーク学習センターで男鹿半島・大潟ジオパークの映画を楽しむ皆さん。このあとで様々な体験学習をしたり童謡を歌ったりして大いに盛り上がりました。

このように最近では、県内外からジオパーク学習センターの活動を参考にしたいという皆さんや、要支援の高齢者の皆さんも訪れるようになりました。ジオパーク学習センターでは、学校教育や生涯教育に力を入れています。まずはお気軽にご相談ください。

Category : お知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です