「だれでもわかる ジオ教室」実施しました!

皆さんこんにちは!

 

家のまきストーブが絶不調で、毎日が燻製のkouです。どうもです。

 

 

12月1日(日)に、「だれでもわかる ジオパーク教室」が行われました!

 

 

ジオパークを知らない方でも一日でジオパークをわかりやすく知ることができる教室です!

受付を終えると早速かわいい特典が!

 ジオ教室の記念缶バッチです(^O^)寒風山の回転展望台から撮った写真・・・絵になりますね!

 

そして会場はどのくらいの人がくるんだろう ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに大勢のお客様が!!

50名の方に参加していただきました)^o^(

秋田市から来てくれた方もいてホント嬉しい限りです(;_:)中には子供まで!!

 

 

早速講座が始りました。

まずは永井 登志樹さんの「男鹿半島7,000万年ジオの旅」です!

 

「ジオパークの基本」と「男鹿半島・大潟ジオパークの特徴」

をわかりやすく教えてもらいました!

男鹿半島・大潟ジオパークを紹介するときは、バーチャルジオツアーです!!

その場にいながらにして臨場感をたっぷり味わえるツアーへレッツゴー(^O^)

 

その時活躍したものがこちら!

   

      

 

 

 

 

 

 

 

         

 

 

ジオの旅マップです!

 

このマップを見て、次の目的地を確認しながら旅行しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行先では、このような楽しい写真とジオの要素を説明してもらいました。

 

 

 次の講座は、渡部 晟さんの「男鹿島と八郎潟の成り立ち」です。

 男鹿半島と八郎潟が約1万年前からどのような過程でできたのを教えてもらいました!

 

日本の湖の中でかつて第2位の面積を誇っていた八郎潟は、干拓した後でも18位の面積であるそうです!残存湖は調整池として残っているんですね~(^^)

 

渡部さんの講座は問いかけから始まり、それに答えていく展開(なぜ大潟村って平らなの?とか)で、自分で答えを考えながら聞け、楽しんで勉強できました。

 

 

最後の質問タイムでは、参加者の皆さんから次々に質問がでて、皆様の熱意がビシビシ伝わってきました(-“-)

 

 

 

参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!!!

 

Category : お知らせ

ジオガイド養成講座行いました!!~後編~

皆さまおはようございます!

 

先週、出勤前にタイヤ交換をすると、雪を見る事がなくなった。どうも、kouです!

 

今回は前回に続き、後編を紹介しま~す(^O^)

 

午後からは大潟村のジオサイトで研修!ガイドは引き続き薄井さんです。

まずは「八郎潟干拓碑」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは干拓工事の際、初めて陸地として現れた場所を記念して設置した石碑です!

だから、大潟村発祥の地とも言われていますよ~!

ちなみにこの石碑の周りの石は、大潟村の形に並べられています。

 

 

 

 

 

 次は、日本一低い山(標高3.776m・築山)である大潟富士です。ここにはどんな秘密が隠されているのでしょうか?実は・・・

 

 山頂が、海抜0なのです!青線より下は湖でした。ここに来ると、現在は、かつての湖の底で生活していることがよくわかりますね。

 

次は、サイフォン式取水口です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この大きな管は、大潟村でとても大切なものです。なぜかというと、

この管から農業用水を引きこんでいるのです。「大潟村あきたこまち」はとてもおいしいですよね!その米を作る時の水もここから運んでいるのです。

 

 

そして最後に、南部排水機場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは、大潟村の心臓ともいえる場所です。どういう事かというと、大潟村は堤防に囲まれているので、生活排水などの水はどんどん溜まっていきます。村はこの溜まった水をくみ出さなければ浸水してしまうのです(:_;)

そこで!この排水機場が水をくみ出し、大潟村の生活を支えているのです!

 

 

多くの場所に行き、いろんな魅力を教えてもらい、受講生の皆さんはメモを取りながら熱心に話を聞いていました。私もとても勉強になり楽しく時間を過ごしました(^O^)

 

ジオガイド養成講座は初級・上級ともに、もう少しで最終講座です。

雪が降りとても寒いので、受講生の皆様、くれぐれも雪道とお体にはおきをつけて頑張ってください!!

 

Category : お知らせ

ジオガイド養成講座行いました!~前編~

みなさまこんにちは。ついに初雪ですね(^.^)

小学校の頃に初雪をみた時のあのテンションはいづこへ?

さっきから寒くて足がガクブルです。どうも、生まれたての小鹿、kouです。

 

 11月9日(土)にジオガイド養成講座がありました。

今回はジオガイド初級・上級講座受講生が一緒に勉強!

前編・後編で紹介します!

 

 

本日は前編の座学です!会場の大潟村干拓博物館は35名の受講生の方でいっぱいに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、秋田地学教育学会会員の渡部 晟さんの授業です!

                  テーマ

           ~「男鹿島と八郎潟の生い立ち」~

 

と、その前に・・・大潟村ってどうやってできたの?というそこのあなた!今日の舞台である大潟村の成り立ちを簡単に紹介します!

 

かつて大潟村は、八郎潟という日本第二位の面積を誇る大きな湖でした。戦後の食料不足を解消するため、農地を拡大しよう!という事となり、八郎潟を「干拓」することになったのです。干拓とは埋め立てと違い、湖を堤防で締め切って内部を排水し、新たに陸地を造ることです。

そうして1964年に、なんと!かつての湖の底に「大潟村」が誕生したのです!人の力でつくられた村なのですね~(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、授業に戻ります!

 

人の手でつくられた大潟村には地層などの露頭が一つもありません

じゃあどうすれば大潟村の露頭を見られるかというと・・・

地面を掘るのです!!!

 
上の写真は、掘った穴の横面を平らにし、強力接着剤のついた布を貼り付けて採取した「はぎとり標本」です。かつての湖に住んでいた、たくさんの貝達に会えますよ!

大潟村干拓博物館に展示されていますので、興味のある人は是非見に行ってください。

 

人の力でつくられた大潟村ですが、このような露頭まで、人の力で掘り起こされるなんて、なんだか不思議ですね!

 

 

続いての授業は、

~「ジオガイドとは」~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大潟村の課長補佐・学芸員で、多くの方を案内してきた薄井 伯征さんからガイドの極意を学びました。

 

ガイドに必要なものを色々教えてもらったのですが、その中で、

「インタープリテーション」という言葉がありました。

観光客に地域の魅力を伝えるとき、学んだことをそのまま伝えるのではなく、

噛み砕いてわかりやすく、自分の言葉で伝える。

これがお客様に楽しんでもらうためにとても大切なことなのです!

インタープリテーション・・・・実行に移すとなると、かなりの勉強が必要だべな~(^_^.)

 

これにて午前終了!受講生みなさんお疲れ様でした(^o^)

午後の実地研修は、後編で紹介します!

それではまた(^.^)

Category : お知らせ

おぼこ岩を探しにいこう

こんにちは。

突然ですが、この岩、なんだかわかりますか?

男鹿半島の南磯、鵜ノ崎海岸で見られる「小豆岩(あずきいわ)」、

見た目が可愛らしいことから通称「おぼこ岩」とも呼ばれています。 

「おぼこ」とは、「あかちゃん」とか「ちいさいこ」などの意味で使われる方言です。

 

 

 

 

 

 

 

 時々、ジオパーク関連のイベントで様々なパネルを展示するのですが、

一番、問い合わせが多いのがこの「おぼこ岩」の写真です。

「この岩、どこで見れるんですか~?」とか、「私、地元だけど、こんな岩あったっけ~?」とか。

ただ干潮にならないと、なかなかお目にかかることができないので、毎日鵜ノ崎を車で通りかかっても、気づかれていない方も多いかもしれません。

数年に一度見られる流星群ほどではないですが、大きく潮が引いたときにだけ姿を現すって、なんだか素敵ですね。

 

「おぼこ岩を見たい!」という方に朗報です。

当サイトの潮見表で男鹿の潮位が確認できます。

戸賀塩浜の潮見表ですが参考になります。

また、鵜ノ崎海岸に設置した男鹿市のライブカメラで、その時々の潮位が確認できるのです。

この映像を目安にお出かけしてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

潮見表では、今週は今日から11月8日(金)までの午前10時~午後1時頃、

次は11月16日(土)~11月20日(水)頃の午前がおススメです。

まるまる全体は見れないかもしれませんが、かなりの割合で丸~い姿がひょっこり顔を現しているはずです。

幻!?の「おぼこ岩」を探してみてはいかがでしょうか。

tani

Category : お知らせ

赤神神社五社堂とジオ

吉永小百合さんが秋田県立美術館の大壁画「秋田の行事」を見ているCMが印象的な「秋田デスティネーションキャンペーン」が現在開催されています。

さまざまなおもてなしイベントが行われていますが、本日紹介させていただくのはイベントではなくこちら!

男鹿のなまはげ伝説発祥の地「五社堂」です。

鬼が積んだ999段の石段伝説と、最盛期には9つのお寺と48の宿舎が立ち並んだといいます。修験者たちが歩いた大峰道(おおみねみち)とおやまかけなど、男鹿の文化や伝説を語る上で欠かせない場所です。

そんな五社堂に掲示されているこの絵図

江戸時代の初めころ、狩野派の狩野定信さんが当時の門前から西海岸地区の様子を描いた「男鹿図屏風」(県指定文化財)の写しです。

さながら西海岸を飛ぶ鳥が見たような視点で描かれ、島めぐりをして宴会に興じるなど、当時の様子を伝えるこの絵巻にはあるものが描かれていません…それは…

ゴジラ岩。当然ですよね、江戸時代にゴジラいるわけないですもの。これじゃなくて

 

ゴジラ岩がいる潮瀬崎が描かれていないんです。。。

 

これは狩野さんが描かれた時代は今より海水面が高かったのか、それとも地形が隆起してきたものか

はたまた別の場所からやってきたのか… ←

 

そんな現在とは違う当時の景観に想いをはせることも出来ます。

 

さて、現在五社堂入口の長楽寺駐車場には臨時案内所が開設され、ガイドや杖の貸し出しを行っているほか、土日祝日には軽食の販売も行われます。

期間は11月末日までの10時から15時となっておりますので、男鹿のジオサイト見学の休憩の際にはぜひ立ち寄ってみてください♪

臨時案内所の詳細についてはこちらをごらんください。

 

だい

Category : ジオサイト

10月24日(木)出前講座実施しました。

皆さまこんにちは!

 

最近は、夜の冷え込みをコタツでやっとしのいでいるKouです。お久しぶりです。

 

 

先日10月24日(木)に、出前講座として、秋田市土崎のホテルへ行って参りました。

開始時間が午前6時と、とても早く、前日22時にはドリームワールドでした笑

 

 

発表タイトルは「男鹿半島・大潟ジオパーク・バーチャルジオツアー」

 

構成としては、

1.ジオパークとは?

2.男鹿半島・大潟ジオパークの特徴

3.バーチャルジオツアー

4.今後の取り組み

 

参加者25名の皆さまの朝の貴重な40分というお時間をフルに(1分オーバー本当にすみません汗)活用し、私とmiuraでジオパークの魅力を伝えてまいりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格好はもちろん鮮やかなイエローが映える当ジオパークのジャンパーです!

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーの様子を紹介し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチャルジオツアーをとおして、上写真の岩石などを紹介するなど、当ジオパークの魅力を楽しんでいただきました。

 

発表を終えると、参加者の方から

「ジオパークの活動は秋田県にとっても観光客が増えるきっかけになるかもね」

「もっといろんなところでも出前講座行ってみては?」

「楽しかった!」

などというお言葉をいただきました!

 

今回、お声掛け下さり、本当にありがとうございました。

 

これからも、ジオパークの認知度が少しでも上がるよう、出前講座を継続していきます!

興味のある方は是非、男鹿半島・大潟ジオパーク推進協議会事務局までお問い合わせください。

Category : お知らせ

国民文化祭プレイベントでジオパークをPR

来年10月4日(土)~11月3日(月・祝)に開催される国民文化祭・あきた2014

全国各地で様々な文化活動に親しんでいる個人や団体が交流する国内最大の文化の祭典なのですが、

1年後に控えたこの大イベントを前に、現在、県内各地では様々なプレイベントが開催されています。

この3連休(10月12日~14日)も、秋田市では5つの会場を舞台とした一大イベント「ぷれ国文祭」が行われました。

そのうちの一つ、「にぎわい交流館AU」2階の展示ホールでは、

県内全25市町村が行う70を超えるイベントや事業が一目でわかる「全事業紹介パネル展」が開催され、多くの方が足を運ばれました。

 

 

 

 

 

 

男鹿市では、「大地に学ぼうジオパークの祭典」「全国ナマハゲの祭典」「全国吟詠剣詩舞道祭」の3事業を紹介。

 

 

 

 

 

 

さらに、側面の展示ブースにて、

男鹿半島・大潟ジオパークを巡るコース案を示したパネルを軸に、ジオパークの魅力をPRしてきました!

 

 

 

 

 

 

開幕まであと354日。

今後も県内各地では様々なプレイベントが開催されますので、

皆さんも「国民文化祭・あきた2014」のホームページでチェックしながら本番を待ちましょう!!

Category : お知らせ

ロゴ入りジャンパーを製作しました

こんにちは。

日に日に秋めいてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

このたび男鹿半島・大潟ジオパークでは、なんとオリジナル・スタッフジャンパーとキャップを製作しました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかかですか?  

なんとも鮮やか!  マブイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろはこんな感じ。

このジャンパーを引っ提げ、

10月15日(火)から島根・隠岐で開催される日本ジオパーク全国大会に出陣いたします!

期間中お見かけした方は、ぜひお気軽に「似合いますね?」とお声を掛けてくださいね(笑)。

 

 

 

 

 

Category : お知らせ

八峰白神ジオパークの視察に行ってきました

推進協議会では、現在ジオパークガイドの養成講座(初級編、上級編)を実施していますが、

その一環として、同じ秋田県内で認定されている八峰白神ジオパークの視察に行ってきました。

参加者したのは、ガイド養成講座の初級編と上級編をそれぞれ受講中の皆さん、29人。

現地で活躍しているガイドがどのように案内しているのか、

さらには現地ガイドとの交流を通し、ガイドとして何が大切なのかを学ぶことが目的です。

 

 

 

 

 

 

 

八峰白神ジオパークが準備してくださった本日のテーマは「山からおりたガイドさん!」。

これまで世界遺産の白神山地で、ネイチャーガイドとして活動してきたガイドさんたちが、

ジオパークを舞台にどのような切り口で魅力を伝えてくれるのか、興味津々。

まず、彼らが出迎えてくれたのは、境内に豪快な滝壺を持つ「白瀑(しらたき)神社」。

毎年8月1日に行われる「みこしの滝浴び」が全国的にも有名なほか、菅江真澄が訪れたところとしても知られています。

ちなみにここを説明してくれたガイドは、なんと白瀑神社の神主さんでもあるのだとか。ありがたや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドさんいわく「瀑」なのは、しぶきが多いと「滝」でなく「瀑」となるそうです。

 つづいて訪れたのは「ブラックサンドビーチ」と名づけられた中浜海岸。

 

 

 

 

 

 

黒く砂のように見えるのは、かつて近くにあった発盛鉱業所の溶鉱炉から流れ出た「カラミ」という鉱さいです。

 

 

 

 

 

 

よく砂鉄と勘違いされるそうで、実際に砂鉄との違いを磁石を使って説明していました。

ところで、カラミが広がる海岸から見える、2つ山の島…

 

 

 

 

 

 

雄島(おしま)という無人島ですが、ブラックサンドはあの島のあたりまで続いているようです。

 

 

 

 

 

 

昼食は海岸沿いのレストランで、この島をモチーフにしたジオメニュー「雄島カレー」をいただきました。550円也。

少しスパイシーな、「カラミ」がきいたカレーでした。やれやれ。

午後は、岩脈パラダイス「チゴキ岬」や

 

 

 

 

 

 

男鹿の入道崎の「鬼の田っこ海岸」と同じ9000万年前の岩石が点々と広がる板貝という地区の海岸の岩場を渡ったり…

 

 

 

 

 

 

この板貝では、八峰白神ジオパークの工藤会長によるご解説。

地域の子供たちの学習の場として、深い場所にあった岩がなぜ大地に出ているのかを考えさせることで、大地への想像が広がるとお話くださいました。

今回は、岩脈の山を登ったり大きない岩を渡ったりと、ちょっと体力を要するアドベンチャー的な?ジオスポット体験でしたが、参加者ほとんどが元気に挑戦しました。

 

 

 

 

 

 

最後は、「ハタハタ館」の一室を借りて、現地のガイドと受講者たちの意見交換会。

安全確保、事故が起きたときの対応については、勉強になりました^^

この日、事故がなくてホッとしていると工藤会長。ガイドを目指す受講者向けににあえて険しい「チゴキ岬」と「板貝」の場を選んだとのことでした。

 

 

 

 

 

 

そしてお別れの時。

八峰白神ジオパークのガイドがさん、あまり難しい用語を使わずに、話しかけるように案内しているのが好印象でした。

一日ありがとうございました。

男鹿半島にも来てくださいね。^^

tani

 

Category : お知らせ

出前講座 IN 脇本農村婦人の家

先月の9月26日(木)に、脇本地区にある脇本農村婦人の家で出前講座をしてきました~!!

今回の内容は、第1部「ジオパークとは」、第2部「男鹿半島グルッとツアー」、第3部「ジオパークを知ってもらうために」です(´ⅴ`)

 

 

 

 

 

 

第1部の発表の場面…。久しぶりの出前講座なので少し緊張気味の私たち…。

 

 

 

 

 

 

そして第2部の「男鹿半島グルッとツアー」はスライドショーで各ジオサイトの写真をながしながらガイドをするので、

その場に行った気分になれるんです(`ⅴ´)しかし、ガイドの修行がまだまだ足りない私…。

少しでも早く立派なガイドさんになれるよう、日々精進したいと思います\(`∩´)/

 

 

 

 

 

 

ラストの第3部は今までの男鹿半島・大潟ジオパークで行われたイベントなどの紹介や、これから行われるイベントの宣伝をしました

今回は参加者の方から、男鹿市の観光や発展について様々な意見を頂きました。

これからの男鹿市の未来を創っていく私たちにとって、とても参考になり、貴重な意見でした。

男鹿市の先輩方の意見を少しでも多く実現させ、男鹿市の発展に貢献できたらなと思う今日この頃…(´-`)

 

Kumi

 

 

Category : お知らせ
112 / 114« 先頭...102030...111112113...最後 »